市原市で【屋根瓦による雨漏り】で棟瓦巻き直し及び漆喰巻き直し工事

更新日:6月21日

施工前の様子


工事前は漆喰が変色し、クラック(ひび割れ)が入り部分的に漆喰が欠落している状態でした。



屋根のメンテナンスを長年放置した結果、棟瓦の中の漆喰が傷んで棟瓦が曲がっていました。

瓦屋根の雨漏りは、ほとんどが棟瓦なので、定期的にメンテナンスをしないと雨漏りの原因になります。



屋根瓦の漆喰が劣化していることが原因で雨漏りしている状態でした。


施工中の様子



足場設置

屋根瓦による雨漏りで棟瓦巻き直し及び漆喰巻き直し工事をする為に足場を設置していきます。

転落防止や危険がない様、安全面を徹底して足場を組みます。



棟瓦の撤去

まずは、既存の棟瓦を撤去していきます。



棟金具の固定

漆喰や土などを撤去した後に棟金具を固定します。



設置した棟金具へ防腐処理された垂木を固定

設置した棟金具へ防腐処理された垂木を固定します。



垂木に漆喰を施工

固定した垂木に漆喰を施工していきます。



棟瓦を被せる

棟瓦を被せます。


施工後の様子



施工前は、漆喰が変色しひび割れを起こしていました。

なので、棟瓦が曲がってしまったり漆喰が傷んでいることが原因で雨漏りしていました。


施工後は雨漏りも治り綺麗になりました。


瓦屋根の葺き直し工事のメリット

瓦屋根の葺き直しは瓦を再利用するので屋根材の材料費がほぼかかりません。

瓦をのせかえる施工費はかかります。


瓦が割れていたり欠けていたりしている瓦は交換になりますが廃材の処分費用も抑えることができるので安く瓦の修理ができます。

屋根材以外の廃材がほぼ出ないので、廃材の処分費用も抑えることができます。


屋根の外観が変わらない

瓦屋根の葺き直しは、既存の瓦の点検や掃除をして綺麗になった瓦を再度のせる工事です。

なので、屋根の外観を変えたくないと考えている方にとってはメリットになります。


瓦屋根の葺き直し工事のデメリット

屋根瓦の葺き直しは破損していた既存の瓦と同じ瓦が用意できないことがある

瓦屋根の葺き直しは、築年数が古い住宅の場合、欠けや割れがあり破損している瓦と同じ瓦が製造中止になっていることがあるので同じ瓦が用意できない場合があります。


他の屋根材への葺き替え工事と比較することが難しい

屋根の工事は屋根材によって専門の業者が変わります。

スレート屋根を扱える業者さんは多いです。

板金業者は金属屋根が専門なのでストレート屋根の修理など板金業者は瓦は専門外になります。

瓦のも専門の業者がいます。


なので、瓦屋根の葺き直しと金属屋根への葺き替えを比較したいと思った際に、瓦葺業者は葺き直しをお勧めし、逆に板金業者は金属屋根への葺き替えをお勧めするといった状態になることがあります。


瓦と金属の両方に精通している業者は少ないので情報が比較しにくいというデメリットがあります。


千葉県市原市で棟瓦の葺き直し・漆喰の補修・瓦の修理などをご検討されている方、無料お見積りします!!