千葉県市原市の皆様へ、ベランダ防水工事や屋根の防水工事についてお悩みの方へ

千葉県市原市でベランダ防水工事や屋根の防水工事についてお悩みの方へ。

防水工事についてお送りします。



防水工事の必要性とは

防水工事の必要性について説明します。

防水工事とは、屋根・屋上・外壁・バルコニー・ベランダなどから水の侵入を防ぐ為の工事です。

どんなお家でも、年数が経つことにより水漏れが発生する可能性があります。

水が室内に侵入してきてからでは、工事費が高くなるので防水工事を早く行うことが大切です。



防水工事の重要性とは

防水工事の重要性について説明します。

屋外から建物内に雨水が侵入してしまうと、建物の骨格を支えている柱や梁の腐朽、鉄筋の錆などの原因になります。


浴室やキッチンなどの水まわりも同じく、水漏れは悪臭・腐食・カビ・ダニ・健康被害の原因になります。

水漏れを長期にわたり放置をしていくと、建物の寿命が縮み、修理をする際に修理費が高くなります。


地震や台風が起こった後は特に、外壁などにひび割れや剝れることがあります。


千葉県市原市で屋根の防水工事やベランダの防水工事でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



防水工事のポイントになる下地補修について

防水工事のポイントになるのは下地補修です。

下地のヒビ・欠け・浮きなどがあった場合、下地のヒビ・欠け・浮きなどを修理せず防水工事を行っても雨水の侵入を防ぐことは出来ません。

なので、防水工事を行う際は、表面だけではなく下地から補修を行うことが重要です。


千葉県市原市で屋根の防水工事やベランダの防水工事で下地補修の事でお悩みの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


防水工事の種類と特徴について

防水工事の種類と特徴について紹介します。


防水工事の工法の種類について

・密着工法

密着工法とは、浸水を防ぐ為の防水層を下地に密着させて行う工法になります。

下地にそのまま施工が行えるので、工事期間が比較的に短く済みます。

絶縁工法と比べた場合のメリットは、コストパフォーマンスが高いという事です。


施工後については、上に重い物を乗せたり、動かすことも出来ます。

半面、下地に含まれる水分の影響を受けやすい為、維持管理を行うことが大切です。

維持管理を行わない場合、ひび割れや腫れが起こりやすくなります。


・絶縁工法

絶縁工法とは、下地に防水層を密着させず、下地と防水層の間に空気層を設ける工法の事です。

施工時に金額は高くなりますが、下地の影響をほとんど受けません。

密着工法と比べるた場合、長持ちしやすく、維持管理費を抑えることが出来るのがメリットです。


千葉県市原市で屋根の防水工事やベランダの防水工事の施工方法でお悩みの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



防水材別・防水工事の特徴について

防水材別・防水工事の特徴について紹介します。


・アスファルト防水

アスファルト防水とは、アスファルトに合成繊維不織布を含ませて作られたシート状の建材を貼り重ねる工法になります。

ビルの屋上や一般家庭の陸屋根(平面上の屋根)の防水工事で使用されています。

アスファルト防水の特徴は、防水性が高く、耐用年数が他の材料と比べた場合、長いことです。

アスファルト防水をする際、アスファルトを高熱で溶かすので、異臭や煙が発生します。

周囲への影響を最小限の抑える為の工夫が必要になります。


千葉県市原市で屋根の防水工事でアスファルト防水をご検討されている際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


・塩ビシート防水

塩化ビニールシートから作られた防水シートを下地に貼り付ける工法になります。

塩ビシートの特徴は、耐久性が高く、施工時の美しい状態を維持しやすい事です。

塩化ビニールシートから作られた防水シートを熱風で溶かして貼り付けられるので、複雑な形状になっている箇所や狭い場所の工事も出来ます。

ですが、塩ビシートに可塑剤が添加されているので、可塑剤が気化してしまうと塩ビシートが固くなり割れやすくなるので注意が必要になります。


千葉県市原市で屋根の防水工事やベランダの防水工事で塩ビシート防水をご検討されている際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


・ゴムシート防水

合成ゴムから作られた防水シートを下地に貼り付ける工法になります。

ゴムシート防水のメリットは、コストが安い・施工しやすい・工事期間が短期間で済むという事です。

ですが、ゴムシートをしっかり接着する必要があるので、複雑な形状をしている場所の工事には不向きになります。


千葉県市原市で屋根の防水工事やベランダの防水工事でゴムシート防水をご検討されている際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



・塗膜防水

塗膜防水とは、防水塗料を重ね塗りして水の侵入を防ぐ工法のことです。

ウレタン樹脂を塗りつけるウレタン防水は、ゴム状で一体感のある防水層を形成することが出来ます。

超速硬化ウレタン防水は、ウレタン防水より硬化するのが早く、品質の安定性がより増します。


千葉県市原市で屋根の防水工事やベランダの防水工事で塗膜防水をご検討されている際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


他にも、

・アクリル樹脂を使用したアクリル防水

・シリコン樹脂を塗るシリコン防水

・FRP(繊維強化プラスチック)を使用するFRP防水

・ゴムアスファルト系塗膜で行うゴムアスファルト防水などがあります。


千葉県市原市で屋根の防水工事やベランダの防水工事でその他の防水材をご検討されている際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


防水工事の種類と耐用年数について

防水工事の種類と耐用年数について紹介します。

アスファルト防水は、防水工事の中でも100年以上の歴史があり、信頼感もあります。

アスファルト防水の耐用年数は17年~20年ぐらいで長持ちします。

コストは、他の防水工事の種類と比べると金額が高くなります。


一般家庭で使用されているのは、

ウレタン防水・塩ビシート・ゴムシート・FRP防水が多く使用されています。

耐用年数は維持管理状態によって変わります。

・FRP防水は約10年

・ウレタン防水、ゴムシートは約10年~12年

・塩ビシートは約10年~13年になります。



防水シートのメンテナンス方法について

防水シートのメンテナンス方法について説明します。

防水工事を耐用年数を長く保つためには、メンテナンスを行うことが大事です。

施工後、5年~10年の間は、凹凸やひびが入ってないか、目視で施工部分を定期的に確認することが大切です。

変化や傷みを発見した際には、保護塗料を上から塗り、防水材を守るトップコートを行ってください。

施工後、10年以上経つと劣化が進みます。

20年目が経つ頃には、雨漏りや水漏れなどが発生する可能性があります。


千葉県市原市で屋根の防水シートやベランダのシートのメンテナンスをご検討されている際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


防水工事にかかる期間について

防水工事にかかる期間について説明します。

バルコニーやベランダの防水工事なら、数日で終わることもあります。

屋根や屋上などだと足場を組む必要があるので、足場が必要な関連工事などの工期は2ヵ月くらいかかることもあります。

また、雨の日の多さや天候によって工期が変わります。

なので、防水工事を決める際は季節や気候の変化も考慮する必要があります。


千葉県市原市で屋根の防水工事やベランダの防水工事をご検討の方、無料お見積りします!!