千葉県市原市の皆様へ、雨樋の修理についてお悩みの方へ

更新日:6月21日

県市原市で雨樋の修理についてお悩みの方へ。


雨漏りした時の修理についてお送りします。


雨樋の役割について

樋・雨樋とは、屋根面を流れる雨水を集め、雨水を下水に地上に流すための設備になります。


雨水が住宅に侵入した場合、腐食の原因になるので雨樋は雨水の侵入を防ぐ重要な役割があります。

雨樋がもしなかった場合、屋根から外壁に直接、外壁に雨水が流れてしまうので外壁が早く劣化してしまいます。

他にも、屋根から地面に直接、水が落ちた場合も住宅物の基礎が老朽化が早くなります。


※雨樋はあまり気にすることがない設備だと思いますが、雨樋は住宅全体を守る設備なので、とても重要な箇所です。


千葉県市原市で雨樋修理でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


雨樋の破損や劣化を放置した場合について

雨樋の破損や劣化を放置した場合、建物の寿命が縮まります。

雨樋が破損・劣化を発見したら、雨漏りがしていなくても、早めに雨樋修理をすることが重要です。

雨樋修理をしないで放置した場合は、雨樋の状態が悪化していき、他の部分にも影響していく為、他の部分も悪化していくので改修費用の値段がかなり高くなってしまいます。


千葉県市原市で雨樋の破損や雨樋修理でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


雨樋が壊れてしまう原因について

雨樋が壊れてしまう原因について説明します。



〇雨樋に多くのゴミなどが詰まっている

雨樋で詰まりが起きやすい原因は、屋根から雨水を集めるための集水器という部分と雨水を下方向に流すための堅樋という部分です。

縦に円筒状になっているので、ゴミが入りやすく溜まりやすくなってしまいます。

住んでいる近くに樹木がある場合は、9割りは落ち葉が原因で集水器や堅樋が詰まってしまいます。

他にも、鳥の巣や風で飛んできたビニール袋が集水器や堅樋に入り込み詰まりの原因になります。


千葉県市原市で雨樋に多くのゴミが詰まっている事でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


〇経年劣化が原因で雨樋が壊れる

経年劣化で雨樋が壊れることがあります。

雨樋の耐用年数は20年ぐらいです。雨樋が持ち堪えても25年ぐらいになります。

雨樋の寿命の20年位~25年位以上、年数が経ってしまうと雨樋が外れてしまったり、雨樋に穴が空いてしまい雨漏りが起こります。

経年劣化している雨樋は新しい雨樋に交換するしか方法がありません。


千葉県市原市で経年劣化が原因で雨樋の破損や雨樋修理でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


〇風や雪による被害が原因で雨樋が壊れる

突風や積雪による被害が原因で雨樋が壊れることがあります。

突風や積雪が原因で、雨樋の破損や不具合は1階より2階の部分が雨樋の破損や不具合が起こりやすいです。

雨樋の破損や不具合が悪化してしまうと雨漏りを引き起こすことになるので、雨樋の破損や不具合が悪化する前に雨樋修理をすることが大事です。


火災保険に加入している場合は、風や雪による住宅被害になるので、火災保険の対象になりやすいです。


千葉県市原市で風や雪による被害が原因で雨樋の破損や雨樋修理でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



〇雨樋の傾斜が正常ではない場合

雨樋の傾斜が正常ではない場合があります。

雨樋は、水平になっていません。

雨樋は集水器に向かって水が排水しやすい様にと傾斜になっています。

雨樋の傾斜が逆向きに設置されていたり、雨樋がずれていたりしていた場合は雨水の流れが悪く、水が溢れてしまいます。


雨樋の傾斜が正常になっていない場合はの多くは支持金具の歪みです。

支持金具は金属なので、力を加えれば自分で直すことができます。

ですが、力加減を誤ると金具が壊れてしまいます。


千葉県市原市で雨樋の傾斜が正常ではない場合の際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


〇雨樋の支持金具の外れについて

雨樋の支持金具の外れについて説明します。

雨樋を支えているはずの、支持金具自体が外れている・抜けている場合、雨樋にかなりの負担がかかっています。

雨樋の支持金具が外れている・抜けている場合は、金具の取り付け工事だけにはならず、雨樋全体を交換することが多いです。


自分で雨樋の支持金具の外れを修理することは難しいです。


千葉県市原市で雨樋の支持金具が外れていてお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


〇雨樋の継ぎ手に隙間がある原因について

雨樋の継ぎ手に隙間がある原因について説明します。

雨樋の隙間や外れがある場合は経年劣化しています。

雨樋が20年~25年まで経っていない、経年劣化もしていない雨樋の場合で継ぎ手が1、2箇所外れているだけという程度でしたら、雨樋接着剤で応急処置が出来ます。

雨樋接着剤を使用する際は、必ず雨樋と紡ぎ手をよく拭き清掃しないと雨樋の接着剤が密着しません。


ですが、雨樋の接着剤による補修は一時的な処置です。

雨樋の支持金具の状態が悪くない場合の工事費用は5,000円程度になります。

雨樋の状態が悪くならない様に早めに雨樋の修理が重要です。


雨樋の補修が必要な、雨樋の穴や雨樋の割れなどの破損が複数個所ある場合は、全体の強度が落ちていることもあるので、雨樋全体の交換を考える必要があります。


千葉県市原市で雨樋の紡ぎ手に隙間がある際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


DIYでの雨樋修理・交換について

DIYの雨樋修理・交換について説明します。

雨戸の修理・交換を低価格で抑えるために、DIYして修理しようと考える方もいると思いますが、DIYでの雨樋修理・交換は危険です。


DIYで雨樋修理・交換をした場合、雨樋の修理・補修・交換が不十分だった際は外壁など構造部が劣化していく可能性があります。


雨樋の修理・補修・交換の費用の相場について

雨樋の修理・補修・交換の費用の相場について紹介します。

雨樋修理・補修・交換にかかるリフォーム費用の相場は約1万~60万円です。

大体のリフォーム会社では、雨樋の本体交換は1m単位で、修理は1カ所単位で工事費を計算しています。


ですが、雨樋は基本的に屋根の近くにある為、プラスで足場設置費がかかることが多いです。

その他にも、雨樋の位置が高い場合には、高所作業を行うことが出来る免許取得者を雇わないといけないので、人件費もそれなりにかかる事があります。



工事内容と金額の目安

雨樋の交換・修理(1mあたり)    3千円~5千円前後

雨樋の継ぎ手の補修(1カ所あたり)  5千円~2万円

雨樋の清掃              1万円~3万円

雨樋の全体交換            15万円~60万円が目安金額になります。


火災保険で雨樋修理ができる場合について

火災保険で雨樋修理ができる場合について紹介します。

火災保険に加入されている方でしたら、風・雪・雹による被害だと認定された場合は雨樋修理を保険金で雨樋修理を行うことができます。


火災保険の対象になることが多いケースとは

・台風や落雪により雨樋が傾いた

・台風や落雪により雨樋の支持金具が外れてしまった

火災保険で足場設置費も修理費用(被害金額)に含まれます。


突風や木枯らしなどの被害であっても、火災保険が適応されることもあるので、経年劣化などでも自己判断せず、1度確認してみる事が大切です。


保険会社に直接問い合わせを行った場合、最初の電話の時点で保険申請を行ったという事にされてしまうので、注意が必要です。

1度否決されてしまうと、再申請を受け付けてもらう事が出来なくなります。


火災保険で雨樋修理を行いたいとお考えの方は、火災保険の申請代行サービスに対応してくれる業者に相談してみてください。


千葉県市原市で雨樋の破損や雨樋修理でお困りの際は、保険適用になる場合があるので株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


雨樋の種類と特徴について

雨樋の種類と特徴について紹介をします。


雨樋の素材について

雨樋の素材で違いがでるのは、耐久性と費用になります。

交換後のメンテナンスの事も考えて選び事が大切です。


塩化ビニール樹脂

軽量で低コストになるので、多くの住宅で使用されています。

色とサイズの種類が多いです。

経年劣化した場合、ひび割れ・変色・変形が起こります。


千葉県市原市で雨樋の素材で塩化ビニール樹脂をご検討されている際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


合成樹脂

塩化ビニールと特徴は似ているところはありますが、塩化ビニールより耐久性が高く、値段も少し高くなります。


千葉県市原市で雨樋の素材で合成樹脂をご検討されている際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


ガルバリウム鋼板

軽量で錆びにくく、耐久性も高いです。

ですが、値段も少し高くなります。

劣化した場合、錆びがでることがあります。


千葉県市原市で屋根の雨樋の素材でガルバリウム鋼板をご検討されている際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


値段は高くなりますが、頑丈です。

劣化した場合、変色し、穴が空くこともあります。


千葉県市原市で雨樋の素材で銅をご検討されているの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


雨樋の形状について

雨樋の形状について紹介をします。

形状により、流水量や費用が変わってきます。

お住まいの地域の降水量や積雪量に応じて、適切な形状の雨樋を設置することが大事です。



角型/箱型

断面積が大きくなっているので、流水量も多くなっています。

最近の新築などで増えている形になります。

降水量が多い地域におすすめになります。


千葉県市原市で角型・箱型の雨樋の破損や雨樋修理でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


丸型/半丸型

一般的な雨樋の形状になります。

シンプルな形になるので低価格です。


千葉県市原市で丸形・半丸形の雨樋の破損や雨樋修理でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


その他の雨樋の形状

豪雷地帯などで使用されることが多い、雨樋の上に覆いがあるタイプなどもあります。

雪や落ち葉が雨樋内に溜まることを防いでくれるので、詰まりを防止してくれます。


雨樋は、暴風雨で突然壊れてしまったり、大雨の際に不具合に気づくことが多い部分です。

溜まってしまった落ち葉の間に埃や水が蓄積してしまい腐食する事があります。

雨樋のゴミを長期間、放置せず定期的にメンテナンスすることが大切です。


集水器から水が溢れて不安になると思いますが、雨樋を施工したら20年ぐらい持ってくれる丈夫な設備になります。


千葉県市原市でその他の雨樋の破損や雨樋修理をご検討されている方、無料お見積りします!