千葉県木更津市の皆様へ、瓦の雨漏り修理や屋根の雨漏り修理についてお悩みの方へ~修理方法について~

千葉県木更津市で瓦の雨漏り修理や屋根の雨漏り修理についてお悩みの方へ。

雨漏り修理についてお送りします。



屋根材の雨漏りの原因について

屋根材の雨漏りの原因について紹介します。


屋根材のズレ

屋根材が通常の位置から移動してしまうと雨漏りする原因になります。


屋根材の割れ

屋根材にひびが入ってしまったり、割れてしまっていると雨漏りの原因になります。


屋根材の浮き

強風などにより、めくれ上がってしまっていることで雨漏りの原因になります。


千葉県木更津市で瓦の雨漏り修理でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



屋根瓦の雨漏りの原因について

屋根瓦の雨漏りの原因について説明します。


屋根瓦は、かなり耐久力が高いですが、漆喰や木材など色々な副材が使用されているので定期的なメンテナンスが必要です。


築年数が経っている建物の場合、屋根土の上に瓦を並べるだけの施工方法が使用されることが多いです。

この施工方法が使用出来る屋根は、瓦同士が咬み合うことで固定力が得られるので、絶妙なバランスの上に成り立っている屋根です。

ですが、台風や地震など自然災害が起こった際には、瓦が微妙にズレることがあります。

瓦がズレると雨漏りの原因になります。


瓦のズレ

台風・強風・地震の揺れなどの自然災害が原因で、瓦がズレることがあります。

瓦のズレやを放置すると、雨漏りが起こります。


千葉県木更津市で瓦のズレが原因で瓦の修理をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



瓦のひび割れ

瓦はいつの間にかひび割れして雨漏りが起こる場合があります。

瓦は全部の屋根材の中で特に耐久力が高いところが特徴です。

強風が原因で物が衝突して瓦がひび割れする事や、冷害や塩害が原因で瓦が割れることもあります。


千葉県木更津市で瓦のひび割れが原因で瓦の修理をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



漆喰の不具合

屋根瓦では隙間を埋める・屋根材の固定を目的とした漆喰が使用されています。

漆喰は施工後、年数が経過する程、硬化する特徴がありますが、10年経過すると漆喰が劣化していくので、少しずつひび割れし始め、最終的には崩れていきます。

漆喰は隙間を埋める目的で施工されているので、漆喰の劣化を放置していると雨水が侵入し、雨漏りが起こります。


千葉県木更津市で瓦の漆喰の不具合が原因で瓦の修理をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



谷板金の劣化

谷板金とは、屋根に落ちた雨を集水する役割があります。

屋根の各部分の中で1番負担が掛かる部分です。

谷板金は1番負担が掛かるので、谷部分に施工されている板金に穴が開くことにより雨漏りが起こることが多いです。


千葉県木更津市で瓦の谷板金の劣化が原因で瓦の修理をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



棟瓦の歪み

屋根瓦は、棟部分に棟瓦が積まれてあります。

棟は屋根が接合する部分の隙間を埋めることや屋根材の固定することが役割です。

ですが、強風や揺れなど、屋根の頂上部分になるので影響を受けやすいです。

災害後に屋根瓦に歪みが生じることがあります。

屋根瓦の歪みを放置した場合、屋根瓦の歪みの部分から雨水が侵入し、雨漏りの原因になります。


千葉県木更津市で棟瓦の歪みが原因で瓦の修理をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


屋根土の浸食

築年数が経っている住宅のでは、瓦の下に施工されている屋根土が長年の雨水に浸食されていて、屋根下地が露出している場合があります。


千葉県木更津市で瓦屋根の土の浸食が原因で瓦の修理をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



屋根瓦の雨漏り修理の方法

屋根瓦の雨漏り修理の方法について紹介します。


屋根瓦の部分補修工事

瓦屋根の部分補修工事とは、一部分の瓦に損傷があった場合に部分補修で瓦の修理を行います。

屋根瓦の部分補修工事を行う際は、下地部分に問題がないことが条件になります。

もし、下地にダメージを受けていた場合、部分補修では完璧な修理が行えないことがあります。


屋根瓦の破損状態が大きければ、問題のある瓦のみ新しい瓦と交換になります。

屋根瓦の破損状態が軽い場合や瓦が外れないという場合ですと、瓦修理用のテープやパテなどで修復することが出来ます。


ズレた瓦の再配置・崩れた漆喰の修理・棟の補修なども部分補修に含まれています。


千葉県木更津市で瓦屋根の部分補修をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



屋根瓦の塗装工事

屋根瓦には、陶器瓦・粘土瓦・セメント瓦・コンクリート瓦などの種類が豊富にあります。

なので、屋根瓦の中では塗装が必要な瓦があります。


瓦屋根の劣化や破損などで塗装が剥げてしまった場合、瓦自体の性能が発揮できなくなり雨漏りが起こる可能性があります。


瓦屋根の塗装が剝れてしまったら、再塗装が必要です。


千葉県木更津市で瓦屋根の塗装工事をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


屋根瓦の葺き替え工事

屋根の葺き替え工事とは、元の瓦を撤去し新しい屋根材を設置する工事になります。

屋根瓦の下地が傷んでいた場合・広い範囲で瓦屋根が損傷を受けていた場合は葺き替えが必要になります。

傷んだ下地を放置している場合、雨漏り・耐久性・断熱性・遮音性といった屋根瓦の性能が低下しています。

葺き替え工事を行う場合は、防水シートと野地板も点検してもらった方が今後安心して住めると思います。


千葉県木更津市で瓦屋根の葺き替え工事・瓦屋根の葺き直し工事をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



スレート屋根の雨漏りの原因について

スレート屋根の雨漏りの原因について説明します。


スレート屋根の劣化は10年ぐらいで目立ってきます。

スレート屋根の劣化は、塗膜の剝れ・屋根材自体の劣化・固定する為の釘の緩み・屋根を構成する棟板金・谷・コーキング部分などから劣化していくので、雨漏りの原因になります。


広がった釘穴

スレート屋根はスレートを固定するのに釘が使用されています。

釘は野地板・野地板を固定している垂木・屋根材と野地板の間に敷かれている防水紙を貫通しています。


雨水が建物内部に侵入する原因は、防水紙に穴が開くことです。


改質アスファルトルーフィングの場合は、合成ゴムなどが含まれている為、釘を打ち込んでも釘穴を塞ぐ構造になっています。

技術の向上により雨漏りが起こらないように工夫されていますが、防水紙の耐用年数は20年~25年ぐらいです。

なので、築20年ぐらいから劣化が始まり、防水紙が硬化してひび割れがする可能性があります。


千葉県木更津市で広がった釘穴が原因でスレート屋根の修理をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


スレートの浮き

経年劣化により、スレートの表面の撥水性が落ちた場合、本来は、雨が降った際には雨水を流すはずが、雨水を吸い込んでしまことがあります。

雨水を吸い込んでしまうと、雨が止んでも常にスレートが濡れて湿った状態になります。


屋根は雨だけではなく、太陽の熱や紫外線の影響も受けるため、特に日が当たる部分は表面だけ先に乾き、乾いた面に引っ張られるように反ってしまうのでスレートが浮いた状態になります。

浮いたスレートの部分から雨水が屋根材の下に回り込み、防水紙を傷めつけ雨漏りを引き起こします。


千葉県木更津市でスレートの浮きが原因でスレート屋根の修理をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



スレートのひび割れ

スレートのひび割れは雨水が侵入するので、雨漏りの原因になります。

スレートのひび割れはスレートが反ってしまうことで、ひび割れします。

新築の際でも、スレートを固定する時の釘の打ち込みにより、小さなひび割れが発生し、経年で広がってくることがあります。


千葉県木更津市でスレートのひび割れが原因でスレート屋根の修理をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


棟板金や釘の浮き

棟板金は雨を1番先に受け止める部分です。

棟板金に不具合が起こると、雨水が侵入し雨漏りを引き起こします。


棟には、スレートを葺いた後、貫板という木の下地を打ち付け板金を被せて横から釘で固定します。

固定している釘は金属なので、気温差で収縮を繰り返し、経年劣化で少しずつ浮いてきます。

浮いた釘穴から侵入した雨水や湿気が木材の貫板を濡らすことにより、柔らかくしてしまったり、腐食させてしまったりします。

釘穴の緩みで雨水が侵入した場合、雨漏りが起こります。


千葉県木更津市で棟板金や釘の浮きが原因でスレート屋根の修理をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


コーキングの劣化・剝れ

コーキングは隙間を埋めるために充填されています。

コーキングが劣化した場合ひび割れやコーキングが剝れることにより、隙間が露出することで雨水が侵入し雨漏りを引き起こします。


千葉県木更津市でコーキングの劣化・剝れが原因でスレート屋根の修理をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


谷部分からの雨漏り

谷部分は雨漏りが起こりやすい部分です。

谷板金の経年劣化により穴が開いて雨漏りの原因を作ることがあります。

ステンレスは錆びにくいとされていますが、固定してある釘などから影響を受けるもらい錆びにより錆びて穴が開いてしまうことがあります。


千葉県木更津市で谷部分の雨漏りが原因でスレート屋根の雨漏り修理をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



塗膜の剝れによる防水性の低下

屋根塗装を行うと外観が綺麗に見え、屋根材の防水性も高くなります。

塗料による塗膜の形成によって雨漏りを防ぐという役割があります。


雨が降っても撥水し雨水を流す性能を持っていますが、紫外線や雨などによる影響で経年劣化し、塗膜が剥げていくことにより表面の撥水性が落ちてしまいます。

撥水性が落ちることで、スレート自体に雨水が吸い込み、割れや反りの原因になります。

その他にも、水分を含んだスレートが下地を傷めることにより、雨漏りの原因になることがあります。


千葉県木更津市で塗膜の剝れによる防水性の低下が原因でスレート屋根の修理をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


屋根塗装を行ったことが原因による雨漏り

スレート屋根を塗装することにより防水性が上がる為、定期的な塗装は必要ですが、スレート屋根を塗装したことが原因で雨漏りが起こってしまうこともあります。


スレート屋根はスレートの損傷が軽度の場合は、塗装が行えます。

スレート屋根の損傷が重度の場合は塗装することが出来ません。


スレート屋根塗装が原因で雨漏りを起こさない為には縁切りを行うことです。

縁切りとは、スレート同士の隙間を塗装のした時に塞いでしまわない様、空間を開ける作業になります。

スレートは空間がなければ、屋根材の裏側に回った雨水や湿気を逃がすことができなくなります。

なので、スレート屋根塗装工事の際、塗料で隙間を塞がれたままになると逃げ道がなくなった雨水は屋根材の下に溜まっていくので下地が傷み劣化していきます。

下地が傷み劣化することにより雨漏りが引き起ります。


千葉県木更津市でスレート屋根からの雨漏りにお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


スレート屋根の雨漏り修理の工事方法

スレート屋根の雨漏り修理の工事方法について紹介します。



スレート屋根の塗装

スレート屋根の塗装とは、屋根材に塗料を塗り直す工事です。

スレート屋根を塗装するメリットはスレート屋根塗装を行うことで屋根の見た目が綺麗になり、塗料による保護膜のおかげで屋根を雨風から守り経年劣化も抑えることができます。


塗装の耐用年数は10年ぐらいなので、10年以上経過した場合には再塗装する必要があります。


塗料の種類は

ウレタン系塗料

ウレタン塗料の主成分とは、ウレタン系樹脂です。

樹脂の中でも柔軟性があり、密着度が高い塗料になります。


ウレタン系塗料の艶ありタイプは光沢が美しく高級感ある仕上がりになります。

艶を消したタイプもありますが防汚性が低いです。

ウレタン塗料は場所を選ばず幅広く使用できるので人気の塗料になっています。


シリコン系塗料

シリコン系塗料の主成分は合成樹脂にシリコンが一定程含まれている塗料です。


シリコン系塗料は価格と耐久性のバランスが良く耐用年数は8年~12年と長いです。

その他にも雨やほこりなどの汚れを防ぐ性質があるので長期間、美観性のある外壁を保つことができます。

紫外線にも強いので外壁の中でも紫外線が当たりやすい部分によく使用されます。


質の良いシリコン系塗料でしたら、ひび割れしにくい・カビが発生しにくいなどの効果があるものもあります。



フッ素系塗料

フッ素系塗料の主成分は合成樹脂がフッ素系である天然石を原料とした塗料です。

フッ素塗料の耐用年数は15年~20年です。

値段の方も高くはなりますが、耐久力は高く長期間の紫外線・雨風の影響を防いでくれます。


塗料の値段が高くなるほど、長持ちするので次の塗装までの期間を空けたい場合は高い塗料の方がおすすめです。


千葉県木更津市でスレート屋根の塗装工事をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


葺き替え

葺き替えとは、既存のスレート屋根を全部新しくする工事です。


基本的な工事内容は、屋根材(スレート)・棟板金(屋根の頂上部についているカバー)・防水シート(屋根材の下に敷いてあるシート)を交換します。

スレート屋根の傷みや被害が大きい際はさらに下にある野地板(コンパネ)も交換します。


葺き替え工事の場合スレート屋根からスレート屋根ではない屋根材にすることができます。


千葉県木更津市でスレート屋根の葺き替え工事・スレート屋根の葺き替え工事ご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



カバー工法

カバー工法とは傷んでいる既存の屋根に新しい屋根材を被せることです。

塗装では直せないほど屋根が劣化・傷んでいる際に使用される工事方法です。

塗装よりカバー工法の方が長持ちします。


経年劣化で色褪せて見た目が悪くなった屋根を新しい屋根を被せることにより住宅の見た目が変わり、屋根が二重になることにより遮音性や断熱性も向上します。


ですが屋根が二重になるので屋根が重くなります。

日本住宅では、耐えられる屋根の重量が決まっているので、カバー工法を行った際に住宅が潰れないかの確認が必要です。


カバー工法は新しい屋根の下に既存の屋根が残るので、屋根の撤去費や廃材の処理費用がかからないので葺き替え工事より見積りが安くなる場合があります。


千葉県木更津市でスレート屋根のカバー工法工事をご検討されている方、無料お見積りします!!