千葉県袖ヶ浦市の皆様へ、ベランダの防水工事や屋根の防水工事についてお悩みの方へ 防水工事の種類を紹介しています

更新日:6月21日

千葉県袖ヶ浦市でベランダの防水工事や屋根の防水工事についてお悩みの方へ。

防水工事についてお送りします。



防水工事の役割について

防水工事の役割について説明します。


防水工事の役割とは、雨水などが建物内部に侵入することを防ぐことです。

新築時にも防水工事は行われますが、経年劣化するため、防水効果が弱まってきます。

定期的な点検とメンテナンスを行い、漏水を予防することが大切です。

漏水を発見した場合は、防水工事をする必要があります。



防水工事は建物の強度を保つ

防水工事の役割とは、雨水などが建物内部に侵入することを防ぐことで、建物の強度を保つことです。

漏水していると、建物全体の耐久性が低下します。

水が建物内部に侵入すると、木造の場合は、建物を支えている柱や梁が腐食してしまいます。

コンクリートの場合は、中性化してしまい、鉄筋に錆びが生じるので、建物の強度が徐々に弱くなります。

定期的なメンテナンスにかかる費用を抑えるためにも最初から防水工事を行うことが重要です。



防水工事は建物の外観や内観を保つ

防水工事は建物の外観や内観を保つ役割があります。

木造とコンクリートは同じく、雨水が建物内外の色々な箇所に染みや変色するので、見た目が悪くなります。

防水工事を行うと、経年劣化を防ぎ、美観を保てます。

適切に防水工事を行うと、建物が美観や機能性を保ったまま保全することで、非常に重要な役割を果たしています。


防水工事はアレルギーの原因となるカビを防ぐ

防水工事はアレルギーの原因となるカビを防いでくれます。

目で確認できない部分から漏水していた場合、漏水部分周辺でカビが発生する可能性があります。

カビが発生すると、喘息などアレルギーを引き起こすこともあります。


千葉県袖ヶ浦市でベランダの防水工事や屋根の防水工事でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


防水工事の工法について

防水工事の密着工法と絶縁工法について説明します。


密着工法

密着工法とは、雨水や雪の侵入を防ぐ為、防水層を何層も重ね、下地に密着させる工法です。

密着工法は、一般住宅・マンション・ベランダなどで行われている防水工事です。


密着工法のメリット

密着工法の大きな器具が必要がないなので、工期を短くすることが出来ます。

コストパフォーマンスが良いことです。

密着工法は、防水層と下地の間に空気を含まないので、居住者など限られますが、歩行にも耐えられる程の強度の歩行と人や車など頻繁に通行することにも耐えられる程の強度で、重歩行にも対応できます。

密着工法は、防水面がない為、見た目が綺麗に仕上がります。

密着工法のデメリット

密着工法のデメッリトは、防水層が下地に密着するので、下地となる部分の状態が悪化すると、ひび割れや腫れが発生しやすいので、工事が難しい場合があることです。


千葉県袖ヶ浦市でベランダの防水工事や屋根の防水工事で密着工法をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


絶縁工法

絶縁工法とは、下地と防水層を密着させず、空気を含ませて通気層を造る工法です。

絶縁工法は、防水層が下地から浮いているので、下地の状態が悪くても影響を受けません。

下地にひび割れ・浮き・少し濡れていたとしても施工可能な場合があります。

元は、アスファルトの防水工事で行われてきた工法ですが、現在では一般的な防水工事にも使用されています。


絶縁工法のメリット

絶縁工法のメリットは、耐久性があり、メンテナンスにかかる費用を抑えることができます。

下地が発する蒸気を通気層から外に逃がすことができるので、湿気を溜めず、防水層への被害を最小限にとどめます。

密着工法で、下地の腫れが気になり工事が行えなかった箇所や、複雑な造りの部分で使用できます。


絶縁工法のデメリット

絶縁工法のデメリットは軽歩行は出来るが重歩行はできません。

人や車が頻繁に通る部分や重い物を置いてある場所には適してません。


千葉県袖ヶ浦市でベランダの防水工事や屋根の防水工事で絶縁工法をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


防水工事の種類について

防水工事の種類について紹介します。



ウレタン防水

ウレタン防水は、防水工事の中で最も標準な工法です。

ウレタン防水は、防水層が軽く、建物に負担がかかりにくいです。

定期的なメンテナンスをすることで、水・雪・紫外線などによる劣化から長期間にわたり施工箇所を守ります。

ウレタン防水の場合、複雑な構造の場所でも、継ぎ目がないので美しい見た目を形成できます。


千葉県袖ヶ浦市でベランダの防水工事や屋根の防水工事でウレタン防水をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


アスファルトシート防水

アスファルトシート防水は、ビルやマンションの屋上、一般住宅にある平面状の屋根などで多く使用されている防水工事です。

アスファルトに合成繊維不織物を含ませて作られた防水シートと下地を熱で密着させるので、耐久性に強いです。

ですが、防水シートを熱して溶かすので、においや煙が出る為、周囲の影響を抑えながら作業する必要があります。


千葉県袖ヶ浦市でベランダの防水工事や屋根の防水工事でアスファルトシート防水をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


FRP防水

FRPとは、Fiber Reinforced Plasticsの略称で、繊維強化プラスティックのことになります。

FRP防水は、ポリエステル樹脂を塗布してから、ガラスマットを貼り付け、防水用ポリエステル樹脂を染み込ませ硬化させます。

アスファルト防水シートと同じ、施工の際ににおいが出ますが、軽量で強靭なことが特徴になります。


耐酸性があるので、酸性雨や紫外線から建物を長年守ることができます

千葉県袖ヶ浦市でベランダの防水工事や屋根の防水工事でFRP防水をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


塩ビシート防水

塩ビシートは、塩化ビニールシートを下地に張り付けていく防水工事になります。

耐久性や耐摩耗性があるので、軽歩行が可能になります。

既存の防水シートが傷んだ場合、そのまま塩ビシートを被せて使用が出来るので、防水工事の費用が安く済み、施工期間が短期間で終わります。


ですが、シートを貼り付ける為、複雑な形状の下地だと綺麗に施工出来ない場合があります。


塩ビシート防水は衝撃に弱いというデメリットがあります。

千葉県袖ヶ浦市でベランダの防水工事や屋根の防水工事で塩ビシート防水をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



防水工事の重要性について

防水工事の重油性について説明します。

防水工事は、建物を水や紫外線から守ってくれます。

防水工事には、建物の強度を保ち、アレルギーの原因となるカビを防ぐ役割もあります。

防水工事の工法は、下地の状況や求める効果により色々、施工方法があるので、予算や施工場所に応じて選ぶことになります。


千葉県袖ヶ浦市でベランダの防水工事や屋根の防水工事をご検討されている方、無料お見積りします!!