千葉県袖ヶ浦市の皆様へ、雨樋修理についてお悩みの方へ 劣化症状や雨樋の種類など紹介

更新日:6月21日


雨樋修理についてお送りします。


雨樋について

今回は千葉県袖ケ浦市の方へ雨樋についてご説明いたします。



雨樋とは、屋根・ベランダ・屋上などに溜まった雨水を集め、外に流す役割がある筒状の建材です。

最近では、プラスチック製(塩化ビニール樹脂)の使用している住宅が多いですが、昔は鉄や木製の物が使用されていました。


雨樋は建物の端や軒下に設置するので、目立つ部分ではないですが重要な建材になります。

雨樋がない場合には、屋根や屋上に溜まってしまった水が大量に下に流れ落ちてしまうので、騒音の原因にもなります。

木造住宅の場合だと、建物が腐食する可能性があります。

水たまりや水が原因で浸食することによって、お庭などに溝が出来ることがあります。


雨樋がある場合には、このような不具合は起こりません。


千葉県袖ヶ浦市で雨樋修理でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



雨樋をつけるメリットについて

雨樋がある場合、建物の土台や外壁の劣化やダメージを防ぐことが出来ます。

土台や外壁にひび割れがある場合、土台や外壁のひび割れ部分から雨水が侵入してきます。

また、地面の排水機能が十分にないと、建物の土台下は常に湿気過多な状態になるので、外壁にカビや苔が生えてきます。

木材も腐食してくるので、白アリの巣になる可能性があります。


雨樋がないと、屋上と外壁の継ぎ目はむき出しになっている事が多いので、雨漏りする率が高くなります。


雨樋の種類について

雨樋の種類について紹介します。


半円形の雨樋

築20年以上の建物の雨樋は半円形が多いです。

形状が簡単で安価なので、1番広く知られている雨樋の形になります。


千葉県袖ヶ浦市で半円形の雨樋修理・交換をご検討されている方は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


角型の雨樋

角型の雨樋は、流水量が半円形に比べて多いです。

近年、ゲリラ豪雨が多いので、ゲリラ豪雨に対処ができる、片側がせりあがった形状の雨樋があります。


少し変わった形状のリバーシブルの雨樋があります。

前面は半円形になっており、後面は角型になっているので両面とも背面にすることが出来ます。

なので、建物によ合わせて見た目を選ぶことが出来ます。


千葉県袖ヶ浦市で角型の雨樋修理・交換を検討されているは株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


純日本家屋などに取り付ける為の雨樋は、形状は丸どいにしたいが排水量も増やしたい時に使用されることが多いです。

丸どい・角どいと好きな方を流用できるので、在庫数を抱えやすくなっていますが、雨樋の

価格は少し高くなります。


雪が多い地方特有の特殊型の雨樋もあります。

雪かきした際に雨樋を傷つけないよう雪が滑り落ちる形状になっています。

雪が多い地方特有の特殊型になるので、構造が複雑な為、雨樋の価格が高額になります。


雨樋の素材について

雨樋の素材について紹介します。


塩化ビニール

塩化ビニールは、組み立てが簡単で軽い素材になっています。

塩化ビニールの価格は安いですが、耐久性が弱いので、日光や雨風にさらされると更に壊れやすくなります。


その他の合成樹脂

樹脂の表面に劣化と紫外線に強いコーティングが使用されているので、耐久性には強いです。

デザイン性も塩化ビニールより種類が多いですが、塩化ビニールより価格が高くなります。


ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は、耐久性が高く、加工しやすく、錆びにくい建材になっています。

金属素材としての普及率が高いので、価格は金属としては安いです。


アルミニウム

アルミニウムは、150m以上の長さまで製造ができるので、継ぎ目がない事と錆びないことが特徴です。

反りやたわみ等も起こりにくいです。

アルミニウムの価格は流通量が少ないので高くなっています。


ステンレス

ステンレスは、アルミニウムと同じく錆びないです。

内側で紡ぎ目を繋げるので紡ぎ目スムーズで耐久性が高いのが特徴です。

アルミニウム程、価格は高くありませんが、ステンレスも流通量が少ない為、価格が高くなります。


銅は神社の屋根などに銅製の雨樋が多く使用されています。

耐久性と価格が高いです。

銅製の雨樋が酸化した場合、緑青色に変色します。


千葉県袖ヶ浦市で雨樋の素材でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



雨樋が損壊する原因について

雨樋が損壊する原因について説明します。


雨樋のゴミ詰まり

雨樋は、ゴミが詰まります。

ビニール・鳥の巣材・藁・落ち葉・漆喰などがゴミとして溜まっていきます。

雨樋にゴミが溜まることにより、雨樋が詰まり雨水が流れず溢れてきます。


大量の雨が降った際に、集水器から雨水が溢れていたら、ゴミが溜まっている可能性

があります。

雨樋のゴミ詰まりを放置した場合、雨樋に穴が開くことがあります。


千葉県袖ヶ浦市で雨樋のゴミ詰まりでお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


雨樋の経年劣化

雨樋の耐用年数は約20年ぐらいです。

ビルの風などの強い風が吹く住宅街に建っている建物の雨樋や、台風の多い地域の雨樋の耐用年数は約20年以下になることがあります。

雨樋が外れていたり、雨樋に穴が開いているとそこの箇所から、雨漏り・浸水・腐食・カビなど家屋の被害が広がります。



千葉県袖ヶ浦市で雨樋の経年劣化でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


支持金具のずれによる傾斜異常

雨樋は、集水器に水が流れるように、傾けられて設置されています。

雨樋の傾斜角度が適切ではないと、雨水が流れず溢れます。

雨樋のを支えている支持金具の歪みやゆるみが原因なことが多いです。



千葉県袖ヶ浦市で雨樋の支持金具のズレによる傾斜異常でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


風や雪による雨樋の傷み

雨樋がいきなり破損する場合は台風や大雪での原因が多いです。

激しい突風や積雪が原因で破損した雨樋は、火災保険で修理が行える場合があります。

積雪や雨風による雨樋の被害は、上層階より1階の方が被害に合う事が多いです。


千葉県袖ヶ浦市で風や雪が原因で雨樋の破損にお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


雨樋の紡ぎ手が外れる

突風や地震の影響で紡ぎ手が外れることがあります。

他の紡ぎ手が外れる原因は、経年劣化で、ズレや隙間ができることです。

紡ぎ手が外れているとそこの箇所から水漏れが起こります。


千葉県袖ヶ浦市で雨樋の紡ぎ手が外れていてお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


瓦などの屋根材の破片の詰まり

瓦屋根の場合、瓦の欠片が雨樋に溜まってしまうことがあります。

瓦の欠片は、結構重たいので重さに耐えきれなくて、雨樋がたわんだり壊れる場合

があります。


千葉県袖ヶ浦市で瓦などの屋根材の破片の詰まりが原因で雨樋の不具合でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


雨樋が原因で起こる不具合について

雨樋が原因で起こる不具合について説明します。


施工不良による雨樋の雨漏り

屋根材の下には基本、防水シートが敷かれています。

なので雨樋が破損することで、雨水が屋根の下に雨水が侵入してもすぐに雨漏りが起こることはありません。

ですが、施工不良の場合は屋根材の下の防水カバーの継ぎ目に不具合があると、防水カバーに雨水が侵入するので雨漏りが起こります。


木造住宅の場合、雨樋が施工不良でうまく機能しないことがあります。

雨樋が機能しないと、浸水し屋根材が腐り、耐久性が低下する危険性があります。


千葉県袖ヶ浦市で施工不良による雨樋雨漏りでお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


雨樋にカビや苔が生える

雨樋に汚れが溜まると、カビや苔が生えてきます。

カビや苔が生えてくると、悪臭の発生や雨水の流れが悪くなります。

雨樋の近くに木が植えてあったりすると、葉が雨樋の中に溜まりやすいです。


千葉県袖ヶ浦市で雨樋にカビや苔が生えていてお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。