千葉県袖ヶ浦市の皆様へ、瓦の雨漏り修理や屋根の雨漏り修理についてお悩みの方へ修理したいそんな時に

更新日:6月21日


雨漏りした時の修理についてお送りします。



屋根の雨漏りについて

本日は屋根の雨漏り原因について説明します。


屋根は、紫外線や雨風から家全体を毎日守っています。

なので屋根は大事な部分となります。

屋根にも寿命があるので、経年劣化します。

屋根のメンテナンスを長期間、放置してしまうと経年劣化が悪化してしまうので屋根から雨水が侵入してしまいます。

屋根から雨水が侵入することによって、雨漏りが起こります。

雨漏りを放置した場合は、家全体に雨水が侵入するので雨漏り修理が必要になります。


千葉県袖ヶ浦市で屋根の雨漏り修理でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



スレート屋根の雨漏りの原因について

スレート屋根について紹介します。

スレート屋根とは、粘板岩を薄い板状にした屋根材のことです。

スレート屋根は、コロニアル屋根やカラーベストと呼ばれています。

スレート屋根は、化粧スレートと天然スレートの2種類があります。


スレート屋根の雨漏りが起こる原因について

スレート屋根の雨漏りが起こる原因について説明します。

スレート屋根が雨漏りする原因は、台風などの自然災害の影響が原因で突然雨漏りが起こる場合や、既に劣化していて突然雨漏りがおこる場合です。


スレート屋根は、多少雨水が進入してしまっても、防水シートや野地板で食い止める様に出来ています。

家の内部まで雨漏りが及んでいたら、防水シートや野地板が劣化している可能性があります。


千葉県袖ヶ浦市でスレート屋根の雨漏り修理をご検討されている際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



スレート屋根のひび割れや浮き

スレート屋根はひび割れや浮きが原因で雨漏りが起こることがあります。

スレートは、塗装をしていることによって防水機能を保ち水を弾いています。

ですが、塗装の経年寿命は10年ぐらいなので、劣化していきます。

塗装が劣化することにより、水を弾く力が弱ってきます。

塗装が劣化している状態で放置している場合、スレートが雨水を含み膨張してしまいます。

スレートが雨水を含み膨張と乾燥によってスレートが収縮を繰り返すことでひび割れや浮きが起こります。


千葉県袖ヶ浦市でスレート屋根のひび割れや浮きでお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


スレート屋根の釘のずれや錆び

スレート屋根の釘のずれや錆びについて説明します。

スレート屋根は小さなスレートを重ねてある構造になっているので、スレートを固定する際には、スレート1枚1枚に釘が使用されます。

釘はスレートの下にある下地まで貫通しているので、釘穴が広がってしまうと雨水が下地まで侵入してしまいます。


スレートを固定している釘は、他のスレートが被せてあるので直接、雨水が当たることはありません。

ですが、自然災害などが原因で、釘がむき出し状態になってしまうと、錆びてしまい釘の周囲から雨漏りしてしまいます。


千葉県袖ヶ浦市でスレート屋根の釘のズレや錆でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


その他の雨漏りする原因

その他の雨漏りする原因について紹介します。

・棟板金の破損

・谷部の破損

・スレートの隙間が埋まっている

・コーキングの劣化

・施工不良


千葉県袖ヶ浦市でその他スレート屋根の不具合でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


スレート屋根のメンテナンス方法と修理方法について

スレート屋根のメンテナンス方法と修理方法について紹介します。


新築から5年おきにひび割れの点検・補修

スレート屋根の住宅のほとんどがスレートに新築時から細かいひびが入っています。

スレートは割れやすい素材なので、注意して工事を行っていますが打つ付ける際や工事で上を歩く際にどうしても微細な傷が入ってしまいます。


スレート屋根の微細な傷が、日光や雨風にさらされるうちに広がっていきます。

広がっていく年数がおおよそ5年たった頃になります。

なのでスレートは5年ぐらいたった頃を目安に業者による点検や補修を実施し雨漏りや屋根の剝れなど未然に防ぐことができます。


作業内容は、ひびが入っている箇所の裏側に接着剤を注入する作業になります。


なかには、前回の点検では、目立たなかった傷や作業時に新しくひび割れした可能性もあるので、5年ごとに点検や修理を行うことが大切です。


千葉県袖ヶ浦市でスレート屋根のメンテナンスをご検討されている際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



築15年目に棟の交換

棟とは、屋根の頂上にある板金でできた壺のことです。


スレート屋根の棟は、年数が経つと固定に使用していた釘が緩んでくるので台風の際に外れて飛んでいくということがあります。

なので、予防策として築15年ほど経過したら棟交換を行うことをおすすめします。


修理内容は、既存の棟板金と棟板金の下に設置されている下地の木材を取り外し、新品のものと交換するという作業になります。


千葉県袖ヶ浦市でスレート屋根の棟の交換をご検討されている際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


築30年目に葺き替え


スレート屋根の耐久年数は30年ぐらいなので、築30年が過ぎる頃には寿命になるので、屋根の全体工事である葺き替え必要になります。


葺き替えの作業内容は、既存のスレートを撤去し、下地の木材の補強や貼り替えを行った後に新しい防水シート(ルーフイング)と屋根材を張る工事です。

新しい屋根材がすぐ吹き飛ばされない様に葺き替え工事の際には必ず下地の木材の補強を行ってください。

葺き替え工事では、スレート屋根から別の屋根材に変えることができます。


千葉県袖ヶ浦市でスレート屋根の葺き替え工事をご検討されている際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



美観性の向上と防水性の向上の為の塗装工事

スレート屋根を塗装することにより、屋根の美観性・防水性・耐久性の維持ができます。

ですがスレート屋根は割れやすい素材なので、反対に作業によりスレート屋根の踏み割れを増やしてしまう可能性があります。


スレート屋根を塗装することにより、スレート屋根表面のスレート材が再コーティングされるので寿命を延ばすことができます。

塗装することにより、屋根の表面の寿命は延びますが、スレートの下にある雨漏りを食い止めているルーフィング(防水シート)自体の耐用年数は伸びないので屋根全体の寿命は変わることはありません。

スレート屋根は取り外すと再利用できないので、ルーフィングだけの交換はできません。


千葉県袖ヶ浦市でスレート屋根の塗装工事をご検討されている際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



屋根瓦からの雨漏りの原因について

屋根瓦からの雨漏りの原因について説明します。


屋根瓦には、屋根材である瓦の他に色々な建材が使用されています。

なので、雨漏りの原因となっている破損箇所は1箇所だけとは限りません。


千葉県袖ヶ浦市で瓦屋根の雨漏り修理でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


屋根瓦の破損が原因の雨漏りについて

屋根瓦の破損が原因の雨漏りについて説明します。


瓦が割れる・浮く・ずれる・剝れるなど、破損しているとその箇所から雨水が建物の内部に入り込みやすくなるので、屋根瓦からの雨漏りが起こる可能性があります。


古い工法の屋根瓦の場合、地震など、災害の時はわざと瓦を落とし、屋根を軽くし家の崩壊を防ぐという方法になっていることがあります。

なので、古い屋根瓦では、瓦が完全に留められていないので、瓦が剝れやすくなっていることもあります。


瓦が破損する原因について

瓦が破損する原因について紹介します。

・台風などの強風で飛んできた物がぶつかり瓦が割れる

・地震など、自然災害の影響で瓦がずれる・落ちる

・点検や補修の際に誤って踏み瓦を割ってしまう

・寒さで瓦の中に含まれる水分が膨張して割れる

・葺き土が弱くなって粘着力が落ちて浮いてくる


千葉県袖ヶ浦市で瓦の破損でお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



棟部分の漆喰の劣化が原因で瓦からの雨漏りについて

棟部分の漆喰の劣化が原因で瓦からの雨漏りについて説明します。

屋根瓦の漆喰は、屋根の棟と瓦の隙間を埋めることによって、瓦の下にある葺き土と呼ばれている粘土の層を守る役割をしています。

漆喰には、防水効果と接着機能があるので瓦を接着してくれる役割もあります。


漆喰の経年寿命は約20年ぐらいです。

なので、約20年以上経ってしまうと、漆喰が劣化し補修が必要になります。

漆喰の劣化が進むと、地震や自然災害の揺れでひびが入りやすくなります。

放置した場合には、ひび割れが進み漆喰が剝れ落ちます。

屋根瓦の漆喰が剝れてしまうと、雨水が侵入してしまうので、早めに漆喰の補修が必要です。


漆喰の劣化は、棟瓦のズレや歪みが原因になります。

棟瓦は、頂上部分にある瓦のことです。

瓦屋根の部分で雨水から建物を守っている重要な部分です。

棟瓦のズレや歪みは瓦が落下する可能性があります。



屋根瓦の漆喰の劣化による悪影響について

屋根瓦の漆喰の劣化による悪影響について説明します。


漆喰の劣化が進み剝れ落ちてしまうと、屋根の中でも大事な棟の大土という基礎部分が流出することがあります。

大土の流出は、屋根全体の寿命に直接影響します。


棟には瓦が積み上げられていることが多く、漆喰の劣化による瓦のズレの歪みは、棟への雨水の侵入につながります。

雨水の侵入により、赤土が濡れてしまうと風化し、瓦の接着力が低下する可能性があります。

さらに、瓦のズレや歪みを生み悪循環になります。


長年放置していると、最終的には雨漏りが起こります。

瓦の裏側に防水シートがあります。

雨水が侵入している状況が続いた場合、屋根の下地まで被害を受けます。

屋根の下地まで補修が必要な場合、補修費用の金額が高くなります。


千葉県袖ヶ浦市で瓦屋根の漆喰の劣化で雨漏りしてお困りの際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


瓦屋根からの雨漏り修理

瓦屋根からの雨漏り修理の方法を紹介します。



防水シートの交換

防水シート(ルーフィング)の耐用年数は約15年~20年程度です。

防水シートを交換する際は防水シートの上の瓦を一旦撤去して既存の防水シートを剥がしていきます。


部分的な補修も可能ですが、防水シートのつなぎ目から雨漏りする可能性があります。

なので、全部新しい防水シートに取り換えた方が雨漏りせずに済みます。


防水シートは、アスファルトルーフィングの他に塩ビシート・ゴムシートがあります。


千葉県袖ヶ浦市で瓦屋根の防水シートの交換をご検討されている際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。


漆喰の補修

瓦の隙間を埋める漆喰は、劣化すると割れたり、ひび割れを起こします。

なので定期的に漆喰の埋め直しを行うことが大事になります。


漆喰の埋め直しを行う際は、既存の漆喰を全部取り除き、葺き土を湿らせたところに新しい漆喰を埋めていきます。


千葉県袖ヶ浦市で瓦屋根の漆喰の補修をご検討されている際は株式会社ネステアまでご連絡頂き、お任せ下さい。



葺き替え

葺き替え工事は瓦の劣化や損傷などが広範囲であった場合に行われる工事になります。

既存の瓦を再使用する工事は葺き直しといい、既存の瓦全部交換する工事を葺き替えといいます。


古い瓦を交換する際は撤去費用がかかります。

瓦の葺き替え工事では、今までと同じ物も選べますが、軽量で耐震性に優れているガルバリウム鋼板などの屋根材に変更する人が多くなっています。


千葉県袖ヶ浦市で瓦屋根の葺き替え工事をご検討されている方、無料お見積りします!!