top of page

軒裏天井・軒裏天井塗装について説明します!



軒裏天井とは

軒天天井について紹介します。

軒裏天井は、軒天・軒天井などと呼ばれています。


とは、屋根の内、建物の外壁へせり出している部分を指します。

軒の裏側、下から見上げて見える部分を軒裏

軒裏に張られている天井パネルのことを軒裏天井といいます。


屋根は、垂木といわれる木材を組み、屋根の骨組みを作ります。

その上に屋根材として瓦やスレートなどを載せていきます。

軒が、建物の外側まではみ出ている部分は、下からお家を見上げた際に垂木や野地板が見えてしまいます。

なので、垂木や野地板を隠す為に下側からパネルなどを貼り見た目を良くしています。


軒は、デザインにより大きさが違います。

昔ながらの日本家屋では比較的、軒が長く設置されています。

長い軒の場合は、1mの長さの軒もあります。

最近の住宅では、比較的短いデザインが人気があり、全く軒のない建物もあります。



軒裏天井の役割について

軒裏天井の役割について説明します。


雨や紫外線を遮る

軒があることで、外壁を雨風や紫外線から守ってくれます。

外壁は、雨風や紫外線の刺激を受けるほど劣化しやすくなります。

特に、外壁と屋根の取り合い部分は水の侵入に弱いので、軒で守ることで雨漏りなどのトラブルを防ぐことができます。


その他にも南向きなど日当たりが良い立地の場合は、太陽の光を遮ることで室内温度の上昇を抑えることが出来ます。


延焼を防ぐ

例えば、火災が発生した場合、火が軒裏天井を伝って屋根まで火が到着してしまうと屋根全体に火が回ってしまいます。

なので、軒裏天井には燃えにくい素材が使用されていることが多く、火災の際の被害をできるだけ少なくするように考えられています。


屋根裏の換気を良くする

屋根裏は、温度変化や雨水の湿気により、結露が発生しやすい部分です。

なので、軒裏に換気機能を持たせることで屋根裏の通気をよくすることができます。


屋根裏の換気を良くする方法は、軒裏天井に穴が開いた有孔(ゆうこう)板を使用したり、換気口を設置したりする事により、空気が通り抜けられる様にする方法があります。


軒裏天井の素材について

軒裏天井の素材を説明します。


軒裏天井に使用される素材は、木材系・不燃物系・金属系の3種類があります。

素材の特徴により、メンテナンス方法が違います。

また、ボードを張らない外壁一体型もあります。



木材系

古いタイプの住宅では木材が使用されていることが多いです。

単価の安いベニヤ板やベニヤ合板が主流ですが、中にはデザイン性の高い化粧垂木を使用している物もあります。

ベニヤ板より、ベニヤ合板の方が耐久性は高くなります。

ですが、どちらも水分に弱く・湿気により変形・強風で剝れたりします。


木材は耐久性を持たせる為に塗装することが必須です。

塗装が劣化してしまうと木材が剥き出しになるので、定期的に再塗装することが必要です。


木材への塗装はあまり長持ちがしないので、約5年程度で再塗装が必要になる場合があります。

耐火性が低いので、劣化した際に新しく開発された不燃材へ交換することもできます。



不燃材系

不燃材系の素材は、ケイカル板・スラグ石膏版・フレキシブルボードなどがあります。


ケイカル板(ケイカルボード)は、耐火性が高い素材です。

主原料である水酸化カルシウム・ケイ酸質原料・補強用繊維を結晶化し板状に成型したものです。


ケイカル板のメリット

・ケイカル板は軽量で耐久性が高く、加工も簡単な素材です。

・ケイカル板は、安価で機能面のバランスも良く、1番多く採用されています。

ケイカル板のデメリット

・ケイカル板のデメリットは、重量が少し重いことです。

その他にも、薄いものはひび割れしてしまうこともあります。


ケイカル板は、加工のしやすさから、有孔板といって穴をあけて通気性を持たせたり、換気口を取り付けたりすることもできます。


ケイカル板は耐久性を向上させる為表面に塗装を行います。

通すが劣化した際には再塗装を行います。


スラグ石膏版は、スラグ(鉱物)に石膏を混ぜて作られた素材です。

エクセルボードとも呼ばれています。

木材と似たような柔らかい素材で加工しやすく耐水性の高い素材です。


フレキシブルボードはスレート板とも呼ばれています。

セメントに繊維質を混ぜて強化したものです。

フレキシブルボードは、重量がありケイカル板と比較して2倍近い重量がありますが、その分強度も高く耐久性が高いです。


金属系

ガルバリウム鋼板・アルミスパンドレルといった金属板が用いられます。

軒裏天井の補修の際に、上から被せて補修するカバー工法で使用されることが多いです。


耐久性が高く軽量がメリットですが、価格が高いことがデメリットになります。

錆を防ぐ為に塗装を行いますが、約15年~20年で再塗装をする必要があります。


外壁一体型

モルタルなどの塗り壁の場合、軒裏天井をボードで仕上げるのではなく、外壁材と一緒の素材で仕上げることが多いです。

一体型の場合はメンテナンスも外壁と同じ様に行います。


軒裏天井の塗装工事の必要性について



軒裏天井は外壁や屋根と同じ様に定期的な塗装工事が必要です。


白っぽい色で塗られていることが多い為、色褪せや汚れが目立つ場所です。

軒天を塗装することで、見た目が綺麗になります。


その他にも、雨水から建材を守り、腐食や変形を防いでくれます。

軒天が少しめくれていた場合、強風に煽られて剥がれてしまうこともあります。


軒天の剥がれた部分から動物が侵入し、住み着いてしまうこともあるのでメンテナンスは重要です。


軒裏天井は、雨樋や破風版と同等に建物の付帯部分として扱われます。

外壁塗装の際に付帯部分の塗装として同時に塗装を行うことが一般的です。


二階建ての建物を塗装する場合は基本的に足場が必要です。

なので、外壁塗装や屋根塗装を行うタイミングで軒天・雨樋・破風版を塗装した方が効率的かつ経済的です。


軒裏天井の劣化のサインについて

軒裏天井の劣化のサインについて説明します。


定期的に再塗装に加えて、軒裏天井に劣化の症状が見られた場合は早めに補修を行うことが必要です。



色褪せ

軒裏天井が色褪せている際は、塗装が劣化しているということです。


軒裏天井は、直射日光は当たりにくいですが、照り返しなどによる紫外線の影響を受けています。


軒裏天井の塗装の耐用年数は約10年~15年ほどですが、日当たりの良い場所などでは更に劣化が早まることがあります。

軒裏天井が色褪せている際は再塗装を検討する必要があります。


シミ

軒裏天井にシミが出来ている際は、いくつか原因があります。


経年劣化で塗装が剥げて、水が侵入しやすくなっている場合です。

経年劣化で塗装が剝げている場合は再塗装をする必要があります。


雨樋に落ち葉などが詰まり溢れた雨水が伝って軒裏天井のシミになる場合があります。

雨の日に雨樋の水の流れを定期的に確認する必要があります。

異常があれば雨樋を修理する必要があります。


屋根からの雨漏りする場合です。

雨水は低い方へ流れて行くので、屋根の内部へ侵入した雨水が軒先部分へ漏れていき、軒裏天井のシミとなることが多いです。


なので、雨漏りの原因を調べてもらい、雨漏りの原因によって雨漏り修理を行う必要があります。


カビ・藻

軒裏天井は湿気がたまりやすい場所です。

なので、環境によってカビや藻が生えやすくなります。

雨漏りしていることが原因で湿気が増していることもあります。


カビや藻の場合は取り除いて防カビ剤を含む塗料で塗装を行います。

カビや藻が広範囲に生えている場合は、取り除くことが難しいので張り替えを検討する必要があります。


剥がれ・破損

軒裏天井に木の枝など物が当たって破損してしまったり、腐食して剝れてしまうことがあります。

軒裏天井が少しでも剥がれていた場合、強風に煽られていると大きく剝れてしまいます。


軒裏天井の剥がれ・破損の状況により、軒裏天井を補修してから塗装を行うか、軒裏天井の張り替えを行うか検討していきます。


軒裏天井の塗装と軒裏天井の張り替え

軒裏天井の劣化の度合いによって、塗装ではなく張り替えの方が適している場合もあります。


軒裏天井の張り替えは、部分的に行うことができます。

他にも、軒裏天井のカバー工法があります。

軒裏天井のカバー工法は、既存の軒裏天井を撤去せず、そのまま上から被せて補修するという施工方法です。


軒裏天井の補修で済む範囲の劣化であれば、補修し塗装を行うことで軒天の寿命を延ばせます。


軒裏天井の塗装方法について

軒裏天井の塗装工程は外壁塗装と同じです。

下地処理や必要な補修を行ったあとで塗装を行います。


下地処理・補修

既存の塗膜を剥がし、汚れを取り除きます。

軒裏天井は耐水性が低い場合があり、基本的には高圧洗浄はしません。

劣化している部分があれば、この時に軒裏天井の補修を行います。


塗装

塗装は下塗り、中塗り、上塗り、と3回の塗装を行います。

軒裏天井は、防カビ効果や染み止め効果の高い塗料を使用します。


軒裏天井は水が当たりにくい場所なので、耐水性があまり高くない水性塗料を使用して軒裏天井塗装を行うことが多いです。


外壁塗装と同時に塗装工事を行なう場合は、外壁塗装を行う塗料と同じ塗料で軒裏天井を塗装することもあります。

金属製の屋根の場合は、錆止め効果がある下地で塗装します。


施工中の様子